Road Movie

2018年4月8日、沖縄のミュージックタウン音市場で開催された高橋優 全国ライブツアー 2017-2018 Road Movie Live House Editionに行ってきました。

このライブの開催が発表された時は行くか行かないかとっても迷ったけど、ライブハウスという普通のホールとは全く異なる環境での演奏を聴いてみたいという思いに勝てず、行っちゃいました(*^_^*)
b0095671_17583460.jpg

行って良かった~~♡
昨年12月から続いたホールツアー37公演とは違った、ライブハウスを意識したセットリストで1曲目からものすごい熱気と盛り上がり。
大きな会場もいいけど、やっぱり小さな会場で観客とアーティストのお互いのエネルギーがぶつかりあう感覚はたまりません。
人気が高まるにつれて、ライブ会場が大きくなっていくのはしかたないけど、たまにはライブハウスでもやって欲しいなあ(チケットは取りにくいだろうけど)

セットリスト

(Where's) The Silent Majority
Mirror
現実という名の怪物と戦う者たち
シンプル
Be Right
パイオニア
羅針盤
サンドイッチ
花のように
同じ空の下
8月6日
ロードムービー
ルポルタージュ
太陽と花
想いよ届け
明日はきっといい日になる
泣く子はいねが

(アンコール)
こどものうた
リーマンズロック
(ダブルアンコール)
福笑い

ライブの定番「泣く子はいねが」のコール&レスポンスでは「泣く子はいねが」と「なんくるないさ」の語感がどこか似ていてしっくりくると「なんくるないさ」を連呼したり、しっかり沖縄を楽しんでいるようでした。

ホールツアーではアンコールの後場内に「虹」が流れる中、優くんがステージの端で客席に挨拶→虹のサビ部分でマイクを取って歌い出し、後を観客が続けて歌い優くんが手を振りながら袖に消えていくのですが、この日は優くんが引っ込んだ後も場内に虹が流れ続け、皆んなでフルコーラス歌いきってしまいました。

その後、少し間をおいて、優くんとバンドメンバーが満面の笑みで再登場「みんな何で帰らないの〜」「歌い終わったから帰ろうとしてた? 出てきちゃいけなかった?」「みんなうまいね〜。このまま歌いたかった?」などと言いながら、ダブルアンコールの「福笑い」を歌ってくれました。


実はこの日の朝、かなり舞い上がるできごとがあって、ライブは詳細をレポートできるほど覚えてない…(笑)


ライブ当日の朝9時過ぎ羽田発の飛行機に乗って沖縄に向かいました。
羽田の搭乗ゲートで列に並ぼうと近づいていった際、違う方からやってきて私のすぐ前に並んだ人は…今回のツアーも、その前も、そのまた前も…この数年ずっとサポートメンバーとしてライブを支えている、ギターのツボ氏!
きゃあ!! 一緒のフライト♡

機内に入ってまたドッキリ。席が近い!私の4列前です。沖縄で会う優友さんたちに報告しなきゃ。
そんなことを考えていたら、なんと高橋優本人が乗り込んできました。
席はツボ氏と同じ列の窓側。優くんの隣りに女性マネージャー。その隣りがツボ氏。優くんの後ろが男性マネージャーI氏、一つ空けてツボ氏の後ろがキーボードのはっちゃん。そしてはっちゃんの3列後ろが私。

優くんの頭が見える。
てっぺんの毛がちょっと立ってる(笑)
あ、コックリコックリし始めた
あ、起きてペットボトルの水飲んだ

ひたすら見続けた3時間

そうこうしているうちに那覇空港に到着。
席が近いため機内から出る際も御一行様のほんのちょっと後ろをついていくかっこうになったのですが、ゲート口までの細い通路で間にいた人が優くんたちを追い越したり、私の前にいた人が荷物をまとめるために立ち止まったり。気がつくと私の目の前に優くんとはっちゃん。
我慢できず「優さん…、今晩楽しみにしています。がんばってください」と声をかけてしまいました。ちょっと驚いた感じだったけど、「ありがとうございます」と返事をしてくれました。

同じ出口に向かっているとはいえ、ファンがすぐ後ろについてくるのはあんまり心地いいものじゃないかもと思い、ちょっと立ち止まって2~3mくらい距離をとったら、私の意図に気付いたのか私の方を振り向いてもう一度会釈をしてくれました。

そんなわけで、ライブが始まる前から妙なテンションとなってしまったのでした。


[PR]
by otravez | 2018-04-10 17:57 | イベント | Comments(0)

楽しいこと、美味しいもの・・・目指すのは「いいことずくめ」の毎日!