ACMF2017 Day 2

ACMF 2日目は朝からいい天気。2日目もいい場所を取ろうと6時半にコテージ出発。

b0095671_22045612.jpeg

頭のてっぺんにちょっぴり雲がかかっているものの、鳥海山も綺麗にみえています。

列に並んだところで、前夜のうちに作った炊き込みごはんのオニギリで朝ごはん。いぶりがっこの匂いが漂ってたらゴメンねー(笑)

一人で待つ2時間は長いけど、みんなでワイワイ過ごす2時間はアッという間。
さあ、開場時間! 2日目もセンター通路のカメラマンの真横。準備万端!

初日にFCの更新は済ませたので開演時間まで時間はたっぷり

b0095671_22301856.jpeg
優くんがVJをつとめる「ローカリズム」のロリ車。記念撮影の列が長くて撮影は断念。ステッカーとフライヤーをもらい…

b0095671_22344165.jpeg

メッセージを書き込んだ後は…

b0095671_22361845.jpeg
ナマハゲと記念撮影したり、

b0095671_23185646.jpeg
2日目のメッセージボードにメッセージを書いたり
(写真を撮るの忘れちゃったので一緒に行った友人にもらいましたm(__)m)

そうこうしている間に開演時間になりました。

2日目の開会宣言は由利本荘の副市長。「今日は僕を“かっちゃん”と呼んで下さい」という、ノリのいい副市長さんに、会場中から「かっちゃ〜ん」の声が飛んでいました。

オープニングは優くんの「現実という名の怪物と戦う者たち」。「出会えて良かったと心から言える」人たちと一緒にこの曲を聴けるなんて、ほんとに幸せだな

2日目のトップバッターは1日目にも出たミラクルひかる。ネタはほとんど同じだけどそれでも笑えるんだから大したもんだ(笑)。優くんのコラボは初日と同じ「昭和の人」。これは何度見ても笑える!

白神ステージのトップバッターはFLOW。疾走感があってかっこいいステージング。観客が歌える部分が多い曲とか、ウェーブとか…観客を巻き込むのがほんとに上手くてとっても楽しかった〜。

b0095671_00110352.jpeg

優くんとFLOWは同じ事務所の所属、ボーカルのKEIGOさんとは一時期abemaTVで一緒にMCをやっていたため、とっても親密。そんな関係性を写し出すような楽曲「流星」のコラボはほんとに素敵で時間が止まったらいいのに、なんて思ったりして。

続いて登場したのは、去年も出演したはなわ。「佐賀と秋田の風景はよく似てる」、そんなこと言ってました。

b0095671_00133483.jpeg
はなわとのコラボは優くんが感動したという「お義父さん」。優くんはギターのみで参加。

次はSCANDAL。知ってる曲が全くない…。申し訳ないがフェスめしパトロールのお時間です。

横手やきそばを買いシートに座って食べ始めたら、突然の雨!しかも大粒‼︎
やきそばのパックをビニール袋にしまい、雨ガッパを着込んだところで優くん登場。

b0095671_00285411.jpeg

コラボは…SCANDALの曲、知らない…(^_^;)
(ネットの音楽ニュースで調べました。“Stamp”でした)

優くんの出番が終わる頃には雨も止んだので、無事やきそば完食。

休憩時間にはまた優友さんと記念撮影したりご挨拶をしたり。

いよいよ、2日目の出演者で一番楽しみにしていたスガシカオさんの登場❣️
ライブの定番曲、「19才」「午後のパレード」…すっかり場内をスガ色に染めたところで優くん登場。
b0095671_00485250.jpeg

5月の「スガフェス」で、スガさん、flumpoolの山村隆太、優くんの3人で組んだユニット「スガンプーユ」。今回は「ンプー」抜きの「スガユ」で「夜空のムコウ」、そして「家族になろうよ」の2曲を歌ってくれました。「夜空のムコウ」はもちろんだけど、この二人での「家族になろうよ」…泣くぞぉ…

お笑いステージの締めは椿鬼奴。Bon Joviファンとしては言いたいことがいっぱいあるが、ここは優くんに免じて許してやろう…

b0095671_00550805.jpeg
Bon Joviはさておき、コラボのバービーボーイズは大笑い!優くん、おデコ出すと雰囲気変わるなあ


b0095671_01121551.jpeg
いよいよ2日間のフェスもラストの優くんのみ…とここでまた雨が。奇しくも曲は「虹」。雲の流れで、雨が落ちてきたり日が射したり…そんな空を見上げながら歌う優くん。そんな状況下で聴く「虹」は不思議な感動がありました。

「虹」を歌い終わる頃には雨も上がり、エンディングに向けて会場の熱は高まり「泣く子はいねが」! センター通路に設置されたお立ち台のすぐ横に陣取った甲斐があり、優くんの目尻のシワまでくっきり見える至近距離。夢みたいだ…

夢のような時間はあっという間に過ぎてしまうもの…。 出演者みんなでの「福笑い」…スガさん、ハモってた…ほんとに優くんのこと好きだよねー…、そして新曲リリースと12月からの全国ツアーの発表を以て、2日間のACMFは閉幕となりました。















[PR]
by otravez | 2017-09-10 01:21 | イベント | Comments(0)

9/2 ACMF 2017 Day 1


秋田キャラバンミュージックフェス(ACMF)初日。 今年は由利本荘市の鳥海高原花立牧場公園花立グラウンドでの開催。


そう、私達の泊まったコテージはフェス会場と同じ公園内♪ 会場内でいいポジションを取るべく7時前には列に並びました(開場は9時)。



取りあえず列に落ち着いたところで前日横手の「フレンドール」で買ったメロンパンで腹ごしらえ。クリームがたっぷり入っていておいち〜💖

同行の友人たちとポジション取りの作戦を練ったり、フェスに来るであろう知人の話をしている間に時間は経ち、いよいよ開場時間‼︎

b0095671_23544437.jpeg
まずはチケットをブロック毎に色分けされたリストバンドに交換。いよいよグラウンドへ。 作戦通りセンター通路の横、撮影用カメラの少し前に陣取ることができました。

b0095671_10525177.jpeg

場所を確保したところで、安心して「いぐきたなフィールド(休憩エリア)」でFC更新の手続きをしたりFC特典のウェットティッシュをもらったり。顔見知りの優友(高橋優のファン)と挨拶をしているうちに、いよいよ開演時間!

ACMFは秋田県出身で秋田の音楽大使である高橋優くんが、人口減少、高齢化、少子化を言われる秋田県を音楽で元気にしようという趣旨で昨年から主催しているフェス。秋田県の13市を周ろうと、去年は横手市で、そして今年は由利本荘市で開催。秋田県・由利本荘市が特別協力で秋田新幹線や地元の由利鉄が特別電車を走らせたり、フェスめしも地元の食材、名物。地域をあげての行事。

…ということで(前置きが長い💦)、由利本荘市長による開会宣言。続いて高橋優くんによる挨拶とオープニングアクト「微笑みのリズム」。“今同時に世界中の人が手を叩いたならどんな音色が響くだろう♪”…、ああ、そうだ、秋田は北朝鮮のミサイルの脅威にもさらされてるんだ…、「平和」は秋田にとっては切実な願いなんだね…。最初から涙腺がゆるみそう…


ACMFは普段生のパフォーマンスを見る機会の少ない秋田の人たちにいろいろなパフォーマンスを届けたいということで、ミュージシャンだけでなく音楽がらみのお笑い芸人もたくさん出演します。 初日のトップバッターはキンタロー。 フライングゲ〜ット!

…でも実はキンタロー。にはあんまり興味がなかったのでフェスめしパトロール(笑)へ。 肉巻ききりたんぽと本荘ハムフライで腹ごしらえ。

さてACMFの楽しみの一つは出演者と高橋優くんのコラボ

b0095671_11440283.jpeg

キンタロー。とは社交ダンス。「真剣」というより「必死」な表情(笑)

白神ステージ(メインステージ)のトップバッターはBLUE ENCOUNT。ノリノリのロックチューン。若いなぁ〜と思いつつも周囲に乗り遅れないよう腕を振ったり手拍子したり。


b0095671_11565981.jpeg
優くんとのコラボの前のMCで、オープニングで優くんが言った「秋田県は100年後には消滅してるって言われている」という言葉を受け「僕らの故郷熊本は何度もダメになったけど、その度に立ち上がった。秋田もがんばれ!」と熱いメッセージ。そしてその後の優くんとのコラボは「Survivor」。気がつくと涙がポロポロこぼれてる自分にビックリ。


続いて登場はANZEN漫才。バラエティ番組でみやぞんは見たことあったけどANZEN漫才はこの2日前に初めて見たというくらい知らなかった…σ(^_^;)。優くんとのコラボはANZEN漫才の「絶対選挙に行く」の替え歌「絶対ライブに行く」


PUFFY登場! 最近はあんまり見かけないけど、馴染み深い曲中心のセトリ、デビュー20年も経ってると思えないキュートさ、とっても楽しかった〜。

b0095671_12581047.jpeg
PUFFYとのコラボは「これが私の生きる道」。優くんの曲とは全く違うテイストの曲なのに、なんか…いい感じ(笑)

ここで休憩タイム。Facebookの優友グループで記念撮影をしている間に休憩終了

休憩後に登場したのは昨年に続いて登場のBEGIN。独特のほんわかした間、おじさんキャラを自認する割りにはさすがの盛り上げ上手。30分のメドレー“マルシェ”も懐かしい歌謡曲を交えつつお祭り気分を盛り上げます。

優くんとのコラボは事務所の先輩サザンの「勝手にシンドバッド」。茅ヶ崎市民としては大感激‼︎

お笑いチームの最後はミラクルひかる。工藤静香やJUJU、宇多田ヒカル…歌 そのものが上手い! 青汁のCMのおばさんは抱腹絶倒!

優くんとのコラボがこれまたスゴかった。

b0095671_13254569.jpeg
「昭和の人」。和泉雅子と山内賢の「二人の銀座」。衣装、横揺れステップ、おでこ出しヘアー…そしてファルセットっぽいハイトーンでの歌い方。お腹いた〜い(笑)

b0095671_13392940.jpeg


初日の締めはもちろん高橋優。この頃には朝の肌寒さは完全に吹き飛び、肌がチリチリするような陽射し。会場を見渡し、嬉しそうに歌う優くんを見て、あらためて実感した

ライブが好きだぁ!!!
高橋優が大好きだぁ!!!!







[PR]
by otravez | 2017-09-09 13:54 | イベント | Comments(0)

茅ヶ崎の海沿いに育った私にとって、物ごころついた頃から、1月2日・3日の午前中=箱根駅伝だった。


昨年の秋、三浦しをん著「風が強く吹いている」という、箱根駅伝を題材にした小説を読み、そしてその映画化作品を見た。

ず~~っと、箱根駅伝でのたくさんのドラマを見てきた私には、小説の中で登場人物が駆け抜けていく駅伝コースの一つ一つの区間に、過去の実際のドラマが重なって、途中から涙が止まらなくなった。

そして今年の箱根駅伝。 

昨年、低血糖で途中リタイアした城西大学の選手が、今年は胸を張り、前をしっかり見据えて走り抜け、そして同大学としては初めてシード権をかち取った。

鶴見の中継所、あと数十秒が足りなくて、タスキがつながらなかった亜細亜大学。 あと10秒を切った時、思いを振り切るように前方を見た、10区のランナー。 そして誰も待っていない中継地点に入ったあと、周囲にお辞儀をした9区のランナー。 その瞬間の彼らの気持を思うと、とってもせつない。

青山大学は41年ぶりのシード権。41年って・・・長い! 今の部員たちよりも、大先輩たちが喜んでいるだろうなあ。


一方で、途中10人抜きのスーパールーキーを抱える東海大学も、11人抜きのスーパー留学生を抱える日大も、どちらも10位までに入ることはできず、来年は予選会からの挑戦となる。 たった一人のスーパースターよりも、10人全員がまとまっていること、ベストで走れることが大切なのが駅伝。

一昨年は3人も途中棄権が出て・・・10区まで走ってきて蒲田の踏切で線路の溝に足を入れてしまって足首を痛めて棄権した東海大は、本当にかわいそうだった・・・、指導者の資質を問うような評をいろいろ聞いたけど、今年は無事に全校が完走。 勝っても負けても、 泣いても笑っても、選手たちが皆、箱根を走る喜びで輝いていて、今年もさわやかに一年のスタートを切れることに、感謝。
 
[PR]
by otravez | 2010-01-03 15:47 | イベント | Comments(0)

b0095671_22475821.jpg


55aiaiさんのお誘いで、aradasさんと共にIKEAの<「眠ろうNIPPON!!」よりよい明日のために>キャンペーンのイベントカー、「Choine Car(ちょい寝カー)」の見学に行きました。

b0095671_22482267.jpg
ちょい寝カーの内部。 キャンペーンロゴの描かれた壁に枕のラック。 もちろん、車の内部なので、広いとは言えませんが、ベッドが2つとベンチが設置されたところに人が5人入っても、それほどの圧迫感はありませんでした。

b0095671_22484580.jpg
ベッドはスプリングマットレスのものと低反発のフォームマットレスの2種類。

b0095671_22584711.jpg
眠りのアドバイザー「nemmelier(ネムリエ)」さんが、それぞれの特性をわかりやすく説明してくれます。

低反発の方が、体にフィットして楽なものだと思っていたけれど、寝る時の姿勢や睡眠時間の長さなどによっては、必ずしも低反発がベストではないのだそうです。

寝てみて心地よかったのはラテックス製のマットレスパッド。 ラテックス・・・つまりはゴム・・・で、適度な硬さ。 防かび、防ダニ、抗菌性に優れているとのこと。
これ、けっこう欲しいかも・・・。

b0095671_2250674.jpg

枕もいろいろ試せます。 仰向け用はもちろん、

b0095671_22505996.jpg

うつ伏せ用、

横向き用も。

枕の高さや硬さって大事だよねぇ。ちなみにIKEAの枕は家庭で丸洗いができるんだって。

こういったベッドや枕は、もちろんChoine Carで試すことができますが、IKEA各店の売り場でも、ベッドやマット、枕は自由に試すことができるのだそうです。

Choine Carには掛け布団はないけれど、IKEAの掛け布団(実は現在我が家で使用中)も厚みや素材によって暖かさが選べて、なかなかすぐれもの。

・・・と、ほとんどIKEAの回し者みたいですが(笑)、眠ることってとても大事なことだし、寝具しだいで、疲れがとれたり、逆に疲れちゃったりもするので、こういうイベントをきっかけに、自分に合った寝具を探すのもいいかもしれません。


Choine Carは2月の各金・土・日に東京・横浜・千葉・埼玉・大阪・神戸あたりを回るとのこと。
意外におもしろいので、チャンスがあったら覗いてみては。


えっ? ほんとにおもしろいかって?

b0095671_22554177.jpg


大丈夫、私も福山クン同様「嘘は嫌いだ。」(笑)


<追記>
Choine Carのスケジュールは下記のとおり。

1/31(土) 東京 ラプラース南青山
2/1 (日) 横浜 横浜赤レンガ倉庫
2/6 (金) 東京 丸の内メトロスクエア
2/7 (土) 千葉 プレナ幕張
2/8 (日) 埼玉 大宮アルシェ
2/11(水) 神戸 三宮2丁目パーキング
2/13(金) 大阪 ヨドバシ梅田※
2/14(土) 大阪 YESNAMBA
2/15(日) 大阪 YESNAMBA
2/20(金) 東京 丸の内メトロスクエア
2/21(土) 東京 六本木ヒルズアリーナ
2/22(日) 横浜 横浜駅西口
[PR]
by otravez | 2009-01-31 22:59 | イベント | Comments(6)

六本木ヒルズ52階の展望台で12月25日まで開催されているSky Illumination2008

b0095671_11372765.jpg

カサブランカで作られたツリー。 見た目の清楚さも素敵だけど、とにかく香りがすごいです。
展望台に上るエレベーターの中でもすでにその香りが感じられるほど。

b0095671_11442623.jpg

窓の外の東京タワーと、ガラスに映ったツリーが、仲良く並んでます♪

ツリーの後ろ側から窓の方を見ると・・・

b0095671_11463526.jpg


ほら、ツリーが増えたよ(^-^)


b0095671_11471852.jpg

森美術館では現在ゴールド展が開かれています。 その企画との連動でおかれていた純金の布と宝石、貴石で作られているという1億円のツリー。 

・・・高けりゃいいってものじゃないような・・・。 あんまりかわいいとは思えないなあ・・・。

展望台の一角にはJ-WAVEの公開録音の特設ステージが設けられていて、25日まで、毎晩8時半から、豪華アーティストのライブが行われています。

この日(19日)のゲストは・・・

b0095671_11504554.jpg

大好きなBOYZ Ⅱ MEN。 
今回の来日ではディナーショーのみでコンサートはなく・・・35,000円のディナーショーはさすがに友達も誘いにくいし、残念に思っていたのですが、 こちらで聴くことができました。

しかも、会場はとても狭いため・・・しかも前から4番目に立っていたので・・・ほんとに目の前で歌ってくれて、大感激。 握手もしてもらっちゃった!!

3曲だけの予定だったようですが、MCさんがうまくおねだりをしてくれたため、おまけとしてアカペラで「聖しこの夜」を歌ってくれました。 ほ~~~んとに素敵だった~~~♡

b0095671_1159770.jpg


六本木ヒルズでは、展望台以外もすてきなクリスマスのイルミネーションが見られます。

b0095671_1201548.jpg


最近は青のライティングが主流だけど、やっぱり赤もクリスマスらしくていいですよね。

b0095671_1211140.jpg


この時期、東京タワーも夜8時以降のライティングが普段とちょっと変わります。
まるでキャンドルみたいだね。 
[PR]
by otravez | 2008-12-21 12:02 | イベント | Comments(2)

楽しいこと、美味しいもの・・・目指すのは「いいことずくめ」の毎日!