サウジ通信 ~1995年7月

1995年7月のサウジからの手紙です。 今になって読み返してみると、自分でも忘れていたようなことがいっぱい。 注釈をつけたいこと、関連するエピソードが山ほどあるなぁ~~。 なお、イスラム教についての情報、サウジの状況、すべて1995年の時点で私が見聞きしていたことに基づいていますので、もしかしたら現在は違っていることもあるかもしれません。

この手紙の届く頃は東京も暑さのピークの頃でしょうか。 皆様、お元気でお過ごしでしょうか。 Oさん(注:元の勤め先の同僚)お手紙ありがとうございました。 他の皆様、お手紙お待ちしています。

サウジ報告第2弾・・・の前にまずOさんのご質問にお答えします。 サウジの国内線の飛行機に女性スチュワーデスははたして乗っているか・・・。 答えはYES! 長袖ブラウスに長いズボン(ショッキングピンクと青ミドリの2種類いました)、同じ色のスカーフで髪の毛と首も隠して、ご丁寧に同じ色の帽子まで被っていました。 ただ、この女性たちは近隣の国(シリアとかヨルダンとか)の人だという話で、本当のサウジ女性ではありません。 次にいつもベールで顔を隠しているということは、男の人は結婚して初めて自分の奥さんの顔を見るのだろうかという問題ですが、残念ながらサウジ人に知り合いがいないので本当のところはわかりませんが、顔を完全に隠しているのは既婚女性だけという話をチラッと聞いたことがあるし、10代半ばくらいの女の子は、確かに顔を見せて歩いている姿をよく見かけます(と言っても、顔を隠している人達の年齢はわからないから、中には10代の子もいるかもしれませんが)。



(町をちょっとはずれると、ずっとこんな景色です。 写真が地味・・・)
b0095671_9594597.jpg
サウジ報告第2弾はサウジ/イスラム基礎編。
サウジはイスラム教の聖地メッカとメディナを有する国(そしてもちろんイスラム教発祥の地)ということもあってか、極めて厳しいイスラム教国。 生活のすべてをイスラムの教えが決めている国です。 刑法もシャリーアといって、教義に則ったもの、つまりムハンマドの時代(7世紀前半)の感覚そのままなので、“不義密通”などというもので留置場行き、なんていうことも。 刑罰も、窃盗で手首の切断、2度目がもう一方の手、3度目で首切り、という話(注:「悪いことをした部分を取り除く」という考えのようです)。 売春の斡旋も首切り。その他の犯罪も常習は首切り。 そしてそういった刑の執行は公開されていて、リヤドの場合、一番にぎやかなスークのすぐ近くの「首切り広場」で行われます(注:刑にはもうちょっと軽い刑・・・百たたきとか^^;・・・もあります。 この執行も公開です。公開処刑のスケジュールは新聞に載っているのだとか。 余談ですが、私の知人(日本人)にはナイジェリアでスパイ容疑で百叩きにあった人がいます。 実際はゴルフ場でぼ~っと外を見ていたら、たまたまそこが軍の施設だったんだそうです。 こわ~~っ!!)
ムスリム(イスラム教徒)の日常生活の基本はお祈り(サラート)。 一日に5回、お祈りの時間(サラータイム)になると町中のモスクからお祈りが流れてきます。 7月末現在のリヤドのサラータイムは朝4時頃(日の出)、お昼の12時少し前(正中・・・太陽が真上に来る時)、3時半過ぎ(午後の祈り。 何が基準なのかはよくわかりません(注: お昼のお祈りと日没のお祈りの中間あたりのようです。 正しくは「影が倍になる時」だとか)。6時45分頃(日没)、8時15分頃(夜の祈り。 日没から一時間半後)。 太陽の位置が基準なので、毎日変わるし、町によっても違います(ちなみにリヤドより西にあるメッカは、だいたい30分くらい遅くなる)。
サラータイムの間はすべてのお店が閉まります(30分くらい)。 これが実に不便! 午前中はだいたい普通の感覚で買い物ができるけれど、大きなスーパーやショッピングセンター以外はだいたいお昼のサラータイムから4時過ぎまでは昼休み(早朝のお祈りがあるので、皆昼寝をするから)。 4時過ぎにお店が開いてから、次のサラータイムまで2時間半しかないので、2~3ヶ所回りたい時などはたいてアウト! 日没のお祈りから夜のお祈りまでは1時間(お祈り時間そのものが30分あるので)。 これもまた、買い物をしてから夕食をどこかで・・・などという時、とても大変。 ただ大半のレストランはサラータイムの15分くらい前までに入れば、サラータイムの直前には注文した料理を出してくれるので、我々異教の輩はそれをおとなしく食べていればいいというわけで、何とかなるのですが。
ただ照明をとても暗くしてしまうので、自分の食べているものがよくわからないけど。 先日鶏のケバブ(串焼き)を頼んで、暗くなってから持ってきてくれたものを何も疑わずに食べたら、実はマトンだった・・・なんてこともありました(文句を言おうにも、ウエイターは全員奥に引っ込んでしまうので、30分じっと待つか、あきらめて、間違ってきたものを食べちゃうかしかありません)。 他にもサラータイムのために不便に感じることはいろいろあるけど、だいたいのイメージはつかんでいただけましたでしょうか。
  

 (・・・まだまだつづく)
[PR]
Commented by tiaokumura at 2007-05-20 22:27
先日は小生のブログ「日本語教師・奥村隆信 ひとり語り」にご訪問&コメント、ありがとうございました。これからときどきこちらのブログご訪問させていただきます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
うちの学校にも、サウジ出身ではありませんがモスレム10人くらいいます。断食・お祈りなど、正直申して僕にはよくわからないことも多いのですが、こちらのブログでも勉強させていただきます。
Commented by riyo-009 at 2007-05-20 22:45
この写真は、川だったんですかねぇ~。
何十年も何百年も、こんな風景だったのかなぁって思っちゃいます。。。

「しるこサンド」、なぜ無い??(笑)
Commented by otravez at 2007-05-21 21:39
tiaokumoraさん: ようこそ。 こちらこそどうぞよろしく。

普段は食べ物ネタの多い(笑)駄ブログですが、時々海外ネタをアップしていくつもりでいます。
Commented by otravez at 2007-05-21 21:41
riyoさん: これは雨期(?)の後だったので、多少緑がありますが、普段はほんとうの砂漠なんですよ。

しるこサンド、探しておくね。
by otravez | 2007-05-19 10:10 | 回顧録 | Comments(4)

楽しいこと、美味しいもの・・・目指すのは「いいことずくめ」の毎日!